*My delicious diary* お料理、パン作り、ケーキ作りと、手作りが大好きです!趣味を楽しみ、夢をかなえられたら・・・そんな記録のブログです♪

サブレ研究隊♪

d0251921_21373888.jpg
最近なんだかサブレに凝っていて、一度、自分が好きな配合を見つけてみたいなーと、思い、サブレ研究をしてみることにしました^^
いろいろなところでレシピを見ていて思ったのは、卵に対する粉とバターの量がかなり違うということ。
今回は卵黄を使用したサブレを作ることにしたのですが、卵黄一つに対して粉とバターが50gずつ入るものと、
同じく卵黄一つに対して粉とバターが100gずつ入るもの、この2種類で比較してみました!
d0251921_21370122.jpg
この写真の右側が卵黄に対して粉とバターが50gずつ。
つまり、全体量から見たときに、卵黄が多く含まれていることになります。
左側が粉とバター100gずつで、全体量に対して卵黄が少なめの配合ということになります。

同じ温度、同じ焼き時間で焼いてみました。
こうして見てみると違いますね~!
d0251921_21371119.jpg
右側の卵黄多めの生地は、やはり若干の膨張性もあるのか、表面があまり平らになっていないのと、形も少しだけ歪みやすいような気がします。
これは、卵黄の水分や油分が影響しているのかな~と、思います。
それから卵黄の効果で焼き色もしっかりついていますね!
食べた時の食感は、もちろんサクッとしているのですが、その中にも少しソフトな食感もあります。
d0251921_21372189.jpg
左側の卵黄少なめの生地は、それとは逆で、表面が平らに焼けて、形も歪みにくい!
これは、全体量に対して骨格になる粉が多いため、しっかり形が残るのかな、と思います。
焼き色も全体的に白く、うっすらと焼き色がついているかんじです。
そして、食べた時の食感はザクッと歯ごたえのある感じ!

う~ん、どちらもおいしいです!
おいしいんですが、卵の分量が少なめのほうが食べているときにザクッと音がして、
歯触りがよく、口の中にも残らず、私は好きだなーと思いました^ ^
形もきれいに残るので、とても気に入りました♪

今回は周りにグラニュー糖をまぶして焼いています。
一度、グラニュー糖をまぶし忘れて焼いてしまったことがあるのですが、
食べた時の甘みが足りないなと感じるのと、
側面の焼き色が入りすぎて少し硬くなってしまうので、やっぱりまぶした方がおいしいなと思います。
クリスタルシュガーなど、粒が大きなお砂糖をまぶしても食感に特徴が出ていいですよね!

今日焼くのに使ったのは新入りのシルパット♪
ず~っと気になっていて、ついに奮発して買ってしまいました・・・!
シルパットと違って表面がシート状になっているので、生地が食い込まないのが特徴です。
今まではラングドシャなど、卵白を使った柔らかい生地だとシルパットに食い込んでしまうので
クッキングシートで焼くしかないな~と思っていたのでが
これからはシルパットを活用できそうなので楽しみです!

次はもう少し、側面にラップの筋が残らないように作れる方法を研究してみようかと思います・・・!
冷凍庫に残りのサブレ生地がたまっていく~(笑)

それでは、また次回の更新で!

↓クリックしていただくと、ランキングが上がります♪
応援、お願いします♪

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

↓インスタグラムも頑張ってます!フォローしていただけると嬉しいです♪



[PR]
by reiko-1105 | 2017-05-21 22:18 | Sweets. | Comments(0)